So-net無料ブログ作成

[ホット!デビュー日記] F cuz① [韓国・韓流]

 

     (注)  テレシネマ 日本上映決定 のようですねーーーー

    やったーーーーー!  五月です [目][揺れるハート]

  http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/news/f-et-tp1-20100312-605049.html

 

    最近 この種のコラムにハマってるので Fcuz Ver も [わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

      "クォン・サンウその一言が私を.."

     

 

 TVの中人気芸能人らはどのようにして,スターになったのだろうか。

これらはどんな契機に芸能人を夢見たし,どのように芸能界に初めて足を入れたのだろうか。 トップスターらの成功ストーリーも気になるがこれにまけないくらい今まさに背伸びする未来'特別'らの第一歩と成長過程も大衆には大きい関心だ。

 アジア経済新聞は'スターホット デビュー日記'コーナーを用意,予備スターらのホットなデビュー日記を連載する。 11日ミニアルバム'(No One)'を発売した4人組グループ'(F.cuz)'が初めての主人公だ。

 

    "私たちの歌謡界デビューで 何でそのままさっと出て行ってしまおう!"

リーダーチノンは弟らの目を見つめた。 デビュー日を3ヶ月残しておいた2009年10月. これらの負担感と疲労度は最高頂だった。 舞台に対する恐怖と のどの渇きで2年間我慢して準備したがこれはではなかった。 4名のメンバーが一度に疲れからくる風邪にかかって,弱々しく病んでいるのにもデビューを目の前にしていたので 練習量はむしろ倍加された。 こらえるのが難しかった。 弟らもチノンの話に首を縦に振った。

 

皆寝ついた明け方荷物を包んだ。 タクシーを呼んで,むやみに宿舎を抜け出た。 きつい決心して出てきたが初日からお金が乏しい。 チノンの友人家に世話になって いわれのない時間だけを仕方なく送った。 だが結局ご両親と企画会社家族らの説得でこれらの'逸脱'は3日天下で終わった。

そしてついにfcuzは2010年1月8日歌謡界金星でKBS 'ミュージックバンク'舞台に上がった。 初めてのデジタルシングル タイトル曲'(JIGGY)'は中毒性の強いリズムとメロディでデビュー直後爆発的な反応を呼びおこした。

"どのように呼ばれ降りてきたのか,マイクはよく捉えたのか何の記憶がないです。 精神が一つもなかったんですよ。 だが期待以上でした。 私の自らに80点ぐらい与えたいですね,ハハ。"

 

事実リーダーチノンはしばらく前から大衆に顔を知られていた。

2005年SBS '真実ゲーム'にクォン・サンウのいとこで出演,1ヶ月の間インターネット ポータルサイト検索語1位に上がって注目をあびた。 周囲反応も熱かったし われこそはと思う有名企画会社で連絡が殺到した。 今すぐにでもトップスターになったことのように首に力が入った。

"ある日の友人らとカフェで話をしている間そばにある鏡を見たが思わず首にギブスをしていましたよ。 顔は傲慢さ でぎっしり。 びっくりして,私がなぜこのざまか 私のほおをちょうど殴りました。 その時から決心しましたよ。 これから成功しても絶対こういう姿見せるのをやめよう。"

2005年7月チノンは大型企画会社が準備したグループ'超新星'メンバーで運良く合流して,練習生時期を始めた。 だが夢に描いた練習生生活は決してバラ色ではなかった。 メンバー間の不和などで結局中ばで放棄,脱退を決心することになる。

"衝撃があまり大きかったです。 一言で社会生活の苦い味を見たことでしょう。 脱退後うつ病と対人忌避症に。 暴食と拒食症を行き来する地獄のような生活でした。"

結局病院の境遇まで 行くことになった彼は闇の中一筋光のように今企画会社室長の眼に触れて'第2の人生'を開いた。 Fcuzを準備している間 クォン・サンウに似たという理由でドラマ'シンデレラ一番'出演機会も捉えた。 '予告クォン・サンウ'で名をはせた彼だったが直接会うのは初めてだった。 撮影会場で彼をチラリと見た'本当に'クォン・サンウは彼に一言投げた。

 チノンはその一言に全身に戦慄を感じた。


   Thanks copy right @ All rights reserved 아시아경제 & 스투닷컴


タグ:BIGBANG
nice!(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 12

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。